Skip to content

個人情報保護法と警察

先日,勤務する病院で4人が死傷する交通事故があった.

病院には容態や経過をたずねる電話が,もちろん警察から,また様々な親戚などからもあった.

「警察です」と名乗って部署と氏名を告げて電話をかけてはくるものの電話では本人か確認できないため対応としては来て頂くか,もしくは警察署にかけなおして呼び出してもらった上で回答を行うか,といった対応をすることになる.

この場合は事故の状況を患者に聞きに来る際に返答させていただいた.

(先方も確認のために名刺を出してくださいました)

面倒な方法をとるのは,報道のために情報を得ようとする新聞社がいたりもするし,親戚と称した(こちらからすると)よくわからない「関係者」がいたりするからである.

そういう「親戚さん」はほとんどが善意からの行為で病状を心配して確認したいのだろうとは分かるのではあるが,すべての方がそうではないと確信できるため患者のプライバシーは明かせない.

たまに「なんであのヒトに言ったのか?」と患者からクレームをつけられることがある.

真に警察が情報を得たい場合にはちゃんと照会状が届く.

先日,祭りでけんかがあり傷害事件として立件しなくてはならなくなったらしい.

そのため「これこれこのようなけがをしたヒトは受診しなかったか?」という照会状が届いた.

これは患者のプライバシーに関わらず返答しなくてはならない事例だったので,氏名・住所・職業などを明記して返信した.

これが電話での問い合わせであれば答えたかどうか分からない.

相手が確認できないから.

新聞では「医療機関が警察に情報の開示を断った」とだけ報道されているが,実態はこんな感じである.

特に交通事故がらみは被害者・加害者(それがはっきりしない場合の方が多い)・各保険会社・警察・親戚などの様々な「関係者」の思惑がからむことではあるし,扱いが面倒になる.

警察の方にお願いしたいのはせめてこちらから電話をかけなおすこと(で本人確認をすること)を許していただきたいということです.

とはいえ...プライバシーを守るために「病院窓口で氏名を呼んでほしくない」という対応を希望する患者さんもいかがなものかと...

「ID123456さ~~ん」と呼ばれて嬉しいだろうか?

(実際にはそれもまずいということでスタッフが一人ずっと付き添うことになるそうである...あぁ...)

「公人」といえるような人物であればそれでも構わないけれども...

IDがもし住基IDだったりしたら,逆に「背番号で呼ぶな!」と怒ったりするんではないんだろうか?

アメリカの外来みたいに完全予約制にして約束の時間がきたらビルの一室(ネームプレートが一枚だけ)に通されて診察や説明を受けるようにしないとプライバシーは守れないですよね.

待合室にうようよヒトがいるような日本の地域病院の外来にプライバシーなどそもそも最初から存在しないでしょ.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。