→ShingolB←

槍ヶ岳1日目

3時半自宅出発 有料24時間駐車場に入庫

6時16分新穂高ロープウェイ前を出発

6時30分ゲート

IMG_5668車はここまではいれるみたい

6時55分穂高平小屋・穂高牧場前 外人3人テン泊中 陽気にgood morning!

IMG_5669後ろを振り返る IMG_5670もーもー草を食っておりました

7時12分柳沢  笠ヶ岳の眺望

IMG_5672いつか行くだろうな

7時29分白出沢出合分岐

IMG_5674 IMG_5675はい、想い出だけ残していきます

7時34分白出沢

IMG_5677これも笠ヶ岳かな

8時25分滝谷非難小屋 親子追い抜く 北穂?が望める

IMG_5678 IMG_5681 IMG_5683

渡渉は簡単な木の橋 水量によっては渡れないだろうな

親子連れはこの後山荘でも同室

18歳の息子さんと父 なんでも息子さんは初登山とか

8時30分藤木レリーフ

IMG_5684

ふむふむ滝谷からの北穂初登攀とのこと 六甲山のロックガーデンの命名者 藤木九三

8時52分南沢

IMG_5687

9時7分槍平小屋 靴紐締め直す

IMG_5690 IMG_5692 IMG_5693テン場は整備されている 水場は分からなかったが川が目の前にあるからよいか

9時56分最後の水場 おいしい

IMG_5702

IMG_5704大喰岳からの西尾根か この向こうに槍の穂先があるはず

10時48分千丈分岐点 メット着用 軽食

なぜかこのへん写真を残していない 穂先が見えているはずなのに

11時7分出発

IMG_5708カメラの時間は13時9分になっている なんでやねん

12時8分IMG_5709西尾根を振り返る ガスが増えてきた

12時18分2900m ここまでの急登かなりつらい

IMG_5710 IMG_5712ここは山スキーならメインゲレンデ 滑ったら気持ちいだろうなーと思いつつ盛り上がる余裕なし

さらにガスるとかなり寒く酸素も薄く朦朧としながら登る 高山病ってこんなのだろうなーと思いながら登る

親子連れも後方に見えているがペースが落ちているよう

この後稜線に出る前に風対策

12時42分飛騨乗越 強風にさらにへこたれる

IMG_5713 IMG_5714 IMG_5715 IMG_5716

そそくさと山荘方面に

テン場は二張りだけ 後でお話しした二人がせっせとテント周りの整備中

12時55分槍ヶ岳山荘到着 受付 昼食 買っていったおのぎりとおでんとお茶

暖かいのが幸せ、だが外で食べたら数分で冷たくなってた

IMG_5719 IMG_5720 IMG_5722 IMG_5723

先行者が3人登っていくのでルートをみる 自分初めてなのでカンニング(笑

3人とはあとでお話した

一人は赤のNorthFaceさん、一人は青マムートさん、もう一人はヒマラヤに行ったことのあるテン泊のヒマラヤくん

下から見てても結局全くルートが分からないのでとりあえずアタック開始

13時30分ピークアタック開始

IMG_5724 IMG_5725 IMG_5726殺生ヒュッテ IMG_5727

山荘から見えるところは問題ないが、裏(西鎌側)に回り込むと先週降った雪がカチカチに固まっていてつるつる!

IMG_5728

岩をつかみながら注意して通過

はしごは怖すぎる 少し高所恐怖症なんだよね 確保されていたら全く怖くないんだけど

IMG_5729 IMG_5731 IMG_5734

14時5分ピーク 登りきったところでヒマラヤくんに写真を撮られた!

写真もらうの忘れた!

青マムートさんに写真をとってもらう

IMG_5746

360度の眺望

IMG_5748 IMG_5753西鎌方面はガスだらけ 雲海 IMG_5754 IMG_5755三角点と認められていない三角点 IMG_5756穂高方面がちらり IMG_5758 IMG_5760

しばしするともう一方登ってこられた

山梨からのテン泊のおじさま、以下山梨さん

IMG_5750

赤NorthFaceさんは降りていたので頂上で4人 しばしお話し

青マムートさんはベテランさんで6回目、他は初登頂

他に登山者がいないので小一時間雑談

要約すると虫には北見のハッカオイルがよく効くよということ メモメモ

14時56分下山開始

IMG_5762最初のはしごを覗き込むとこんな感じ 死ぬ IMG_5764 IMG_5766

15時25分山荘

この頃には親子連れも到着して山頂に向かっていました

行きですれ違ったのはソロ2人と3人組だけだったかな 1人は半袖ハーフパンツの外人

宿泊者はテン泊2、小屋泊まり7(夕暮れ時にカップル到着) 静かな山となりました

夕食まで外のベンチでまったりと過ごす

青マムートさんといろいろとお話した

病気で体を壊して仕事のムシから6年ぶりに登山を再開したらしいこと、この3週は今年度の締めとして槍ヶ岳を中心に見ながら毎週北アルプスをうろうろしたこと(白馬の稜線で−8度の雪のなか歩いたとか、化け物ですかあなたは)、娘たちが空港写真家!?であること

何か彼の中に「槍」に期するものを感じて、それがこの好天を生んだのかと一人納得

ご相伴させてもらった気分でした

自分もそうですが、仕事に没頭することも大事ですがきっちり休んで自分の趣味にも没頭しないと心も体も健康でいられない気がします

またどこかでお会いしたらご一緒させてもらいたいものです

夕日を眺めに行くとヒマラヤくんも参加

柔和な笑顔の素敵な青年 基本テン泊とのこと

さすがに朝は凍えてエマージェンシーシートにくるまったとのこと きっと氷点下になってたよねー すごい

IMG_5767 IMG_5768 IMG_5770 IMG_5771 IMG_5772 IMG_5773 IMG_5774 IMG_5775

夕食時にはイケメン親子連れと山梨さんも同席

イケメンさんたちは大阪からとのこと 寡黙でストイックな親子でしたな

息子くんのきらきらした目を見ていると若者っていいなぁと思いました

仕事も大事だけど没頭できる趣味も大事だよーとおっさんしてしまいました

流星群の季節だったので、真夜中に外に出てみた

舞い踊るような満天の星空に圧倒された 残念ながら流星は見えなかったけれども デジ一眼持って来れば… まぁ綺麗に星空を撮るテクはありませんけど

山荘までのガイド上のコースタイム9時間45分 自分は6時間39分で到着

合計距離: 16384 m
最高点の標高: 3228 m
最低点の標高: 1134 m
累積標高(上り): 2187 m
累積標高(下り): -195 m
平均ペース: 1.97 km/h
総所要時間: 10:00:47
Download file: Move_2015_10_22_06_16_29_トレッキング.gpx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です