→ShingolB←

iCloudへの移行

これまでは基本的にgoogleのサービスを使ってきてました

mail、リーダー、カレンダー、メモ、タスク、ドキュメント、写真(picasa)

一般的なサービスはほとんど使ってきたということです

これらをiCloudに移行することとしました

この2週間くらいをかけて少しずつ移行

 

 

まず、カレンダー

googleのカレンダーの設定からカレンダーのiCalファイルをエクスポートできます

それをマック上でiCalに取り込む(取り込み先のカレンダーを作成しておく)だけで可能

私は4つのカレンダーを作っていたので、それぞれ移行

さらにそれらを妻が見えるように、妻のapple IDに対して共有設定すると、

妻のiPhoneやMacで全ての予定が見えるようになりました

で、googleとのカレンダーの連携を解除

iCalには休日の設定がなかったりするので、それらをappleのHPからゲット

カレンダー機能はほぼ同等で便利

次にメモ

別になんの工夫もなし

iPhone上でメモをgoogleからiCloud上にコピペして移行

どこでも共有可能

タスクも同様

さらにドキュメント

全てをzipファイルでダウンロードして、それぞれをしかるべきところに保存

ほとんどはdropbox内に保存された

一部はiCloudのファイル共有に入れたが、このファイル共有は少し面倒

Mac上ではブラウザを開く必要があるからですね

ここがdropboxなみに改善したら便利なんですけど

リーダーはsafariのRSSリーダーに登録しなおしてみましたが、

これは明らかに失敗

多数のRSSを登録しているので、一日に一度くらいしかチェックしないと300くらいの未読が溜まってしまい、

またその一覧性が悪い(googleリーダーに比べると、表示は綺麗なんですけどね)

iPhoneでのRSSの表示も明らかにgoogleリーダーの方が優れています

他のRSSリーダーを使った方が良いのかな?

次に写真

これはフォトストリームが全てを解決してくれそうなので、googleから画像を消すだけの方向性としましたが、

picasaの設定に「全削除」がなくて、困っています

100くらいあるアルバムを1つずつ削除するなんて… まぁ無理です

このまま放置になりそうです^^;

 

 

最後にメール

どこを調べてもiCloudのメールフィルターはいまいちらしいとのこと

タグつけもできないし

今更フォルダー分けには戻れません 複数のタグを付けられることに意義があり

なので、仮に運用するとしたらgoogleをフィルターにして転送したメールをiCloud管理するくらいです

そんな面倒くさいことをするくらいなら、このまま運用します

困ってませんし

ということで、メールはそのまま

以上でサービスの移行はおよそ完了

iCloudの同期には大変感謝しています

 

 

ただしsafariのブックマークの同期はいまいち

タイムラグがあるせいか、なかなか同期されません

さらにiPhoneにはうまく読み込まれてくれないような…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です