→ShingolB←

雪道トレッキング 旧中宮温泉スキー場林道

朝は雨、しかし予報は昼ごろには晴れとのこと

朝の仕事を終えて11時に出発、12時頃に旧中宮温泉スキー場温泉センター前に駐車

すでに隅の方には雪が積もっている 道路で多いところで10cmほど

雪ありと考えて靴周りのゲイターをしっかり装着(でも靴は3シーズントレッキング用…)

で、出発 診療所跡地の前から林道方向に向かう

もともとスキー場だった頃に何度も滑った林道コース 大体勝手は分かっているつもり

スノーボードを始めたころを思い出しつつゲレンデを横目に歩いて行く

IMG_1891 IMG_1892 IMG_1893 IMG_1894 IMG_1896 IMG_1897 IMG_1898 IMG_1899

雪は深さ10〜15cmほど 轍がついていて車が上がっていったのがわかる 途中に駐車車両あり 誰か登っていったのかな?

ゲレンデの中腹にショベルカーあり(これがあとの伏線に…)

そこから先は数日前と思われる車の轍のみで少し雪も深い ストック大活躍で登る

IMG_1900

途中で轍の中で休止(停止!?)しているヤモリくんらしき動物あり つついてみるが雪の中じゃ動かないわなー 低温で

IMG_1901 IMG_1902

 

昔お世話になった休憩所付近まで登るとそこから先は轍なし

IMG_1904 IMG_1905 IMG_1906 IMG_1907 IMG_1908 IMG_1909

トレッキングブーツにゲイターのみの装備ではこれ以上は無理 一応向かってみたが膝までのラッセル状態でワカンかスノーシューが必要なので諦める

IMG_1910

ここで休憩

ちょうど白山方向が少し雲が切れて頂上を拝めそうなのだが拝めない、残念!

IMG_1911

休憩所までごぼりながら行ってみるがドアは開かない 当たり前か…

で、することもなくなってしまったので戻ることに

途中で四駆が上がって行く どこまで行くのかな?

帰りに先ほどの四駆に巻き込まれたと思っていたヤモリ君に再び遭遇

やはり低温で固まってましたが、つつくとのそのそ歩き出す 頑張って年を越してくれ給え!

IMG_1912

で、先ほどのショベルカーのところまで戻ってきた

ここからは旧ゲレンデにそってトラバースの道が残っている そういえばここからピステンの登り用の道が林道としてついていたっけーと思い出してそちらから降りてみようと思い立つ

で、ゲレンデ下に向かって右方に進行

さらに右の林の中の道を下って行くと、なにやら下はドロドロのゆるい地盤に雪が乗っている模様 道はあるのだが

で、中腹まで降りたところで、やられました!

道が谷間の川と合流して(土砂崩れかな)潰れています そうショベルカーはここの作業をしていたのでした… 道理で…

100mほどは下ったのでショックは大きかったのですが、土砂崩れに突っ込むほど馬鹿でもなく

諦めて再び登り返し

ゆるい地盤と雪と傾斜の強さで大変でしたが、ストックのお陰でなんとかもとのゲレンデまで復帰

一旦休憩! 卵スープ飲んでsoyjoy食って

それからまた元の林道に戻って帰りました

下りは軽快に2倍速の感じ 雪の上は柔らかくて気持ちよく歩ける

駐車場についたら目の前は新中宮温泉センター

IMG_1913

もちろん風呂に入ってきました 15年ぶり

前と泉質も窓の場所も変わっていたような…

時代の流れを感じます

温泉を出てゲレンデを見上げると空には青空が!

IMG_1914

帰りの道は徐々に暮れなずんで、それとともに雨がぽつぽつ

IMG_1915

これで普通の山は最後かなー

今日の経験で、ワカンかスノーシューを買うことを決めました ピッケルとアイゼンもかな

合計距離: 7578 m
最高点の標高: 798 m
最低点の標高: 447 m
累積標高(上り): 1001 m
累積標高(下り): -996 m
平均ペース: 4.42 km/h
総所要時間: 03:00:09
Download file: 20131130旧中宮温泉スキー場林道.gpx

コメントを残す