→ShingolB←

自宅〜犀川〜犀鶴林道〜獅子吼下山〜白山比咩神社〜自宅

長い距離を走っておきたかったのと、次の目標の足がかりにとランニング。

犀川から犀鶴林道経由で白山比咩神社参り。

 

雨具など最低限の荷物は持っていく。

HR130未満におさまるような強度でゆっくりと進むことにする。キロ7-8分くらい。

自宅を出て犀川を上流に向かって走り野田へ。

高校生活の半分は下宿生活だったが、賄いご飯以外はほぼここで満たされた。
あんちゃんは元気だろうか。

残りを担ってくれたチューはもうない。

高校はまるで昔のままの古さ。
隣の幼小中は綺麗なのだが。

野田のファミマが最終なので行動食を買い込む。

通勤中の自衛隊員が多い。迷彩服で出勤するんだー。

北陸学院までの坂がキツイ。
途中の墓地公園で大休止。トイレを済ませ、しっかり補給して先へ進む。

内川ダム。
初めて来たかも。

そして犀鶴林道入口。

ここに入るんかーいとツッコんでしまった。

菊水橋。ここからが本格的な登り。

ここをひーこら走った。泣きそう。登山道でショートカットすべきだったか?

少し雪の残るところも。

そして獅子吼登山道との合流点。このまま犀鶴林道で下山(浄水場へ)でも良かったが、登山道を下る。
今日は奥獅子吼のピークは踏まない。どーせ緩んだ雪でごぼるだけだから。

そして比咩神社。何年振りだろう。
お参りしてきた。神社内は歩き。
一の宮側の参道に降りて帰る。

ここまで32km。
さぁここから自宅までが長い。16-7kmはある。

まずは最寄りのコンビニへ。
イートインコーナーには椅子を荷物で占拠する女史が4人もいて座れなかった。
カフェのように使っている。ある意味すごい。
外でぐびぐびーと補給して進む。
鶴来街道は単調で景色もなく辛い。
が、中村留工業の留桜はよろしかった。

野々市に入った辺りで42.195kmになったので少し歩いた。
以後は緊張が切れてしまってダラダラと歩いたり走ったり。
高橋川−伏見川沿いは桜並木が美しい。

だらだらと走って何とか帰宅。

Garmin instinctでランニングとしてログを取ったが、6時間ほどの行動時間でバッテリーの消耗は40%だった。
理屈上は15時間行動まで記録できるということか。バッテリーの保ちとしてはなかなか。

ログの管理は簡単。勝手にスマホとbluetooth連携してデータをアップしてくれる。

web画面からGPXデータもダウンロードできる。

apple watchのようにライフログも記録してくれる。

超高機能ではないし地図の表示もできないが、スマホと紙地図があれば地図表示はいらない。

何よりコストパフォーマンスに優れている。

 

自宅近辺はカット。

Total distance: 45465 m
Max elevation: 681 m
Min elevation: 1 m
Total climbing: 1227 m
Total descent: -1224 m
Average speed: 7.99 km/h
Total Time: 06:23:39
Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です