→ShingolB←

白山 御前峰

およそ1ヶ月ぶりの山行。とは言ってもその間に寝坊・ブーツ忘れなどで白山に行きそこねている。

今日は絶対にピークを踏まねば。

前日はつつがなく仕事が終わり速攻帰宅。準備をして道の駅で車中泊。

0時30分に出発した。

北海道ナンバーが止まっていたが、毎週お参りの彼だろう。あんたも好きねぇ。

 

ズックにタイツ短パンの軽装で別当出合まで。やっぱりチャリは苦手。早くならない。

別当出合で大休止。靴を履き替えトイレを済ませ、しっかり補給していく。

橋は板があるよとYSHR先生のHPに書いてあったが、手前の2/3だけだった。まじっすかーと深夜の橋の上で叫びながら渡る。

凍結していてまじちびった。

石畳の上まで我慢のつぼ足。少しツボって板を装着。久しぶりの感触だ。最初からクトー装着。

その頃には後続が二人近づいてきていた。

まぁpakuminさんと誰かだろう。土曜ならサンちゃんか?

甚之助でご対面。やっぱりそう。ご挨拶する。

二人は御前峰のピークから東面台地を滑ってまた登り返してくるという。まぁお元気!

滑り降りるところを写真に収められたら撮りますねーと話して少し遅れて出発。

以後は徐々に間隔が広がるばかり。それでも彼らはゆっくり進んでいるだろう。強いですね!

別山から油坂の稜線。

弥陀が原。二人が室堂下を登ってますがわかりますか。

こんな風景が眺められるのだからやめられません。

すばらしい眺めです。

逆くの字を登る自分。へろってます。

20分遅れて到着。お待たせしました。ありがとうございます。

彼らはすぐに出発。最初の斜面ですぐに見えなくなるのでそこまで見送る。ガリガリですなー

このあと落ちていきました。

pakuminさんは、まちきれないぜ!行くぜ!って感じ。若いって素晴らしい。

 

このあと少しまったりして自分はゆっくりと滑走へ。

凍結と新雪のミックスはほんとに難しい。新雪を選んで滑って何とか甚之助まで。

以下はやや硬いベースに新雪が数cm乗っている状態で快適。もう1時間あとなら超絶快適シャバ雪だろう。

別当出合でズックに履き替えてあとは自転車でゲートまで自動運転モード。春の風は暖かく気持ちよかった。

Total distance: 46086 m
Max elevation: 2700 m
Min elevation: 512 m
Total climbing: 3110 m
Total descent: -3111 m
Average speed: 12.74 km/h
Total Time: 09:34:50
Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です