→ShingolB←

プラグインWP-GPX-MAPS1.7.00で国土地理院地図を表示できるようにする

今使っているブログ用アプリケーションのwordpressのGPS軌跡表示プラグイン「WP-GPX-MAPS」のアップデートに伴って国土地理院地図がまた表示できなくなっていたので、変更点を再度掲載。

使われていないopen ski mapの内容を国土地理院用に書き直して使うようにするだけ。

 

まず

プラグインファイルの

/wp-gpx-maps_admin_settings.phpの変更点は

415-416行の間に以下を挿入。

<input type=”radio” name=”wpgpxmaps_map_type” value=”OSM8″ <?php if ( $t == ‘OSM8’ ) echo ‘checked’; ?>>

<?php

echo ‘ ‘;

_e( ‘JSGI’, ‘wp-gpx-maps’ );

?>

<br />

 

/js/WP-GPX-Maps.jsの変更点は

408-415行の

/*

baseMaps[‘Open Ski Map’] = L.tileLayer( ‘http://tiles.skimap.org/openskimap/{z}/{x}/{y}.png’, {

maxZoom: 18,

attribution: ‘Map data &copy; <a href=”https://www.openstreetmap.org/”>OpenStreetMap</a> contributors, ‘ +

‘<a href=”https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0/”>CC-BY-SA</a>, ‘ +

‘Imagery © <a href=”https://www.mapbox.com/”>Mapbox</a>’,

});

*/

baseMaps[‘JSGI’] = L.tileLayer( ‘https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png’, {

maxZoom: 18,

attribution: ‘Map data &copy; <a href=”https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png”>JSGI</a> contributors, ‘ +

‘<a href=”https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html” target=”_blank”>地理院タイル</a>, ‘ +

‘Imagery © <a href=”http://www.gsi.go.jp”>国土地理院</a>’,

});

に変更。

 

さらに

457-460行の

case ‘OSM8’: {

baseMaps[‘Open Ski Map’].addTo( this.map );

break;

}

case ‘OSM8’: {

baseMaps[‘JSGI’].addTo( this.map );

break;

}

に変更。

 

これで、設定画面でJSGI(国土地理院地図の略)を選ぶことができ、表示した地図画面でJSGIに切り替えることができます。

自分の山行の記録が国土地理院地図で表示できるようになって幸せです。

 

追記:2020年6月30日

ファイルを編集する際には、” や ‘ や ; や : が正しいか確認ください。” が ” になっていたりすることがあります。

 

テスト

合計距離: 19388 m
最高点の標高: 2643 m
最低点の標高: 1510 m
累積標高(上り): 1923 m
累積標高(下り): -2521 m
平均ペース: 1.09 m/s
総所要時間: 06:49:32

Post navigation

3 comments for “プラグインWP-GPX-MAPS1.7.00で国土地理院地図を表示できるようにする

コメントを残す