→ShingolB←

arc’teryx Norvan VT GTX

さるショップで安売りしていたのでついポチってしまった。ちょっと高めなランニングシューズくらいの値段で済んでいる。

Norvanはトレイルランニング系と思っていたが、このシューズは少々毛色が異なるようだ。

ソールの後ろ半分はVibram® MegaGrip™でHOKAのトレイルラン系でも採用されているグリップの良いもの。

前半分はビブラム® アイドログリップで岩場でのグリップを重視しているという。

そのためクライミングやスクランブリングの用途にオススメとのこと。要はアプローチシューズか。

 

体育館のランニングでためし履きしてみた。

 

売りの紐をひっかけて前足部をtightにするギミックは正直無意味だと思った。最初からひっかけてきちんと締めた方が良い。

さらにミッドソールにはEVAが入っているというが、HOKAに比べると硬すぎて長時間のランニングには適さないと感じた。

アウターはやや硬めで防水ではなく網目部分は水は通りそう。インナーは底部で固定されていてソックスのようにはく感じ。gore-texで防水とのこと。石や木くずなどのゴミは入りにくいだろう。

ヒールカップがやや動く感じがするし、インソールは変えたほうがいいかもしれない。

 

ということで防水のアプローチシューズと思えばよいらしい。

夏に岩稜帯(槍穂とか)を駆け抜ける時に使うと良いのだろうな。来年の夏に用いよう。

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です