→ShingolB←

海外通販

あれこれと海外通販を使うことが多い。

メーカー直販サイト。
まず間違いがない。安心できる。意外と融通が効く。
実績としては
Voile スキー板を購入した。
今狙っているのは固定型のクトー。これは使えるはず。
ただし、国際便はやはりそこそこ送料がかかるのでだれか共同購入しないかなー。
Big Sky International テントメーカー。
今年から日本に窓口ができたのか、怪しい日本語が出てくるが、大丈夫(笑)。
フットプリントが品切れだったが、おねだりしたら、ちょっと待てよ!とか言いながら作ってくれた。
ガレージメーカーっぽい。ナイス!

総合通販サイト。
名のあるサイトは大丈夫。
ただし、日本で独占契約販売しているようなメーカー(Norronaとか)の商品は日本に送ってくれない。
どうしても手に入れたいなら、一旦同国の並行輸入代行業者宛に送る契約にして転送してもらうしかない。
Norronaあたりなら、日本のバカ高い値段を考えるとそれくらいしてもいいかもしれない。したことはないが。
実績は
backcountry.com アメリカのサイト。
スキー板と安売りブーツを買った。
向こうでしか売っていないものがあるので利用した。
シーズンオフにガッツリ値引きして売っている。
backpacking united 送信元からするとスイスかドイツのサイト。
expedのザックを買った。
ちょっとクレジットカードのtransactionがうまく行かなくてメールでやり取りしたが、フォローは良い。

中華系、絶対に使わない。怪しい日本語訳がついているエセ日本語サイトは絶対に使わない。

送料はそれなりにかかってしまう。さらに関税料金も。
なので、海外で購入するのは
・そこでしか買えない
・がっつり値引きされてる
のどちらかになる。
関税料金は蓋を開けてみないと分からない。サイトには書いてないからだ。
スキー板のときは3000某円と5000某円くらいだった。元値と関係がないようでどうやって決まっているのかわからない。
ザックの時は1500円くらいだったかな。
voileで関税料金を取られないのもあった。うーんよく分からん。

海外通販の決済はクレジットカードよりはPayPalが便利。
銀行送金などしようものなら、大変な労力がかかる。したことはない。
クレジットカードはすんなりと通らないことが多い。日本の通販とは異なる。
翻ってPayPalは一瞬で通過する。海外での安心感は高い。これとて最終的にはクレジットカード決済なのだがなんでだろう。

ちなみにやり取りの英語は適当でも通じる。
ある程度自分で作文してから、翻訳サイトで英→日翻訳させてみると確認できる。
自分の不甲斐なさにとっても気づける瞬間(笑)。

コメントを残す