→ShingolB←

ゲレンデ遊び

今朝は当番で職場に。さっさとやることを終わらせて山に向かうが12時過ぎがやっと。午後券を購入してゲレンデ遊びをした。

といってもただ行った訳ではなく、ブーツとそれに合わせた板の確認。

ブーツは軽くなったが剛性もすね周りのサポートも減っている。さて、どんな乗り心地なのだろうか? また、板はトゥーピースは同じ場所でヒールピースが19mm前に出ている。ブーツセンターで言うと10mmほど前に出ているはず。扱いは変わるだろうか?

結果としてはゲレンデのような整地された斜面では容易にコントロール・調整出来るので、これまでと変わりなく滑ることができた。

ちなみにインビス化しているので、滑走後のビスの緩みが気になったが大きな緩みはないようだった。しかし工具は必須だろう。何かあると命に関わる。

さて、次は実際の山の中へ。歩いても帰れる所で歩いて滑ってみよう。

コメントを残す