→ShingolB←

「平成最後の満月」と日の出 白山 弥陀が原まで

今日は間違いなく晴れる。

こんな日に9-10時で仕事が入っている。中途半端だ。昼くらいのアポにしておけばよかった。

仕事前に登るか仕事後か…

そんなときにテレビで金曜の夜は「平成最後の満月」だと告知していた。予報では金曜の21時から晴れる。

これは仕事前しかないでしょう、ということで先週も行った白山に向かう。

 

計画ではあわよくば日の出(5時20分ころ)に御前峰ピークに。写真を撮って速攻で下山して7時30分に風嵐ゲート。8時30分職場到着、シャワーして9時から仕事。

ピークまで行けなくとも日の出を拝んだら帰るとした。

 

金曜は比較的仕事が早く終わって20時半には風嵐ゲートに到着。

1時間半仮眠して準備して22時20分に出発。これでも自分の足では出発時間は遅すぎるくらいだ。とはいえ徹夜で行けるほど夜に強くもない。

空はまだ曇っているが満月は煌々と光を放っている。明るいのでヘッデンがいらないくらいだ。

苦手の自転車は2時間少々で別当出合へ。サドルの高さをいろいろ変えると漕ぎ具合が変わるのね…

最後のヘアピンからはホワイトアウトだったので今日は失敗だったかと焦るが、別当出合駐車場分岐で雲の上にでた。快晴!!

橋の前後のロープでの制限はなくなり板は全てはめられていた。来週中に風嵐ゲートは開きますな。

くつを履き替えたら石畳上までツボで進む。階段部分はもうほぼ夏道は出ている。

上で板を装着してシール登行開始。カチカチです。最初からクトーをつければよかったのに、何回かずり落ちることとなった。

大分砂防新道の起伏を覚えたので、少し効率よく進めただろうか。しかし体はものすごく重くて、これは先週よりも明らかに遅い。ピークは時間的に無理だなと思った。力のない自分を恨めしく思う。

甚之助まで来るとそこそこ風で寒い。あるものを全部着込んで(それでも少し薄手過ぎた)進もうと思うが、あまり体が言うことを聴いてくれない。

眠気が最高潮に達しているようだ。コーヒーを持ってくればよかった。

甚之助のすぐ上をトラバースしてエコーライン下部の尾根に乗り換えて弥陀が原までゆっくりと登っていくともう白んでくる。

ブルーアワーだ。

30分くらいで日の出なのでもうピークは諦めて写真を撮りまくった。2345mを過ぎて黒ボコとの間の岩場まで行き月とモルゲンロートの風景を撮る。

肉眼ではもっと大きく鮮明に月は見える。写真に残せる腕前がない。

広角単焦点で来てしまったが、ズームも持ってくるべきだった。

日の出ちょうどくらいに後続が登ってきた。先週もお会いしたpakuminさんだ。

彼の足なら2時出発くらいなんだろうな。素敵だ。

ご挨拶だけする。彼はピークへと進んでいった。

人が入ると映える。

5時30分くらいになってようやく日の出。温かい。

写真を撮ったら速攻下山へ。

まぁずっとカチカチ。かき氷を作っている気分。

石畳上の分岐までスキー。

あとはツボって橋をわたる。

もう板は全面にあるのでルンルン橋。

車には7時過ぎに着き、7時16分にはゲート前を出発。職場は8時17分到着。9時の仕事には間に合った。

ブラックコーヒーでドーピングしつつ眠気と戦いこなした。

 

Total distance: 44289 m
Max elevation: 2344 m
Min elevation: 512 m
Total climbing: 2758 m
Total descent: -2758 m
Average speed: 4.15 m/s
Total time: 08:44:45

相変わらず累積標高の計算がおかしい。プラグインの改善を求む。

1 comment for “「平成最後の満月」と日の出 白山 弥陀が原まで

コメントを残す