→ShingolB←

OMM Phantom 12

OMM Phantom 12

OSJ山中用に購入。

ベストタイプでショルダーストラップにボトルが入って12-15Lほどのものを探すと自ずと選択肢は狭まる。

水(1-2L)、雨具、防寒着、必要最低限のサバイバル用品(バッテリー、ヘッデン2個、エマージェンシー関連品、ツェルトもしくはエマージェンシーシート)、行動食を持つことにすると12-15Lは必要だろう。

少なくとも3-5Lの本当にベストだけのようなものはありえない。

OMM製品用のオプション品(主に容量増加用)を持っていることもあってOMM Phantom 12Lを購入した。

普通のエイドのない夏山の日帰り登山(20km・1500-1600mの獲得標高差クラス、水2L+ボトル2本)やエイド・補給のある50km以上のトレイルラン・軽装登山にはちょうど良い。

その気になれば、コンプレッションポッド(5L)を追加すればもう少し幅が広がる。

もっと容量が必要ならPhantom 25CLにすれば良い。1泊2日のテン泊もギリギリできる。

ウェストポーチで2-3L増量も可能だ。

 

OSJで背負って走った印象は背中の違和感はなし。さほど揺れない。ジャンプしても安定していて大丈夫。

問題はショルダーストラップのボトル達だった。ボトルを入れるメッシュが浅い。

上下動で飛び出すことがある。ボトルはカラビナで留めたし、ソフトフラスクはストロー部分をループに引っ掛けて落ちないように工夫した。

それでも一度落ちてしまったが。

 

先日の速攻ご来光白山登山では走るつもりはなかったのでどんなザックでも良かったのだが、容量的にこれで十分と思い使用した。違和感なく使用できた。

夏の日帰りは軽快に、テン泊は重厚に。冬は必要十分な装備で結局重厚に。

Post navigation

コメントを残す