→ShingolB←

衛星回線を持つことで心持ちは変わるか?

先日からGarmin inReachを導入した。

イリジウム衛星回線はほぼどんな状況でもまずつながりそうなので、いつでもどこでも連絡ができSOSを送ることができる。

もちろん安易にSOSを送るつもりはないし、必死こいて状況打開を図るつもりではあるし、それだけの装備・体力の準備はしているつもりではある。

しかし実際のところ、かなりの確率で遭難を避けられるだろう。

 

購入する前から、これを手にすることで自分の心持ちがなにか変わるのではないか?と不安であった。

つまりは、

「いつでもどこでもSOSを送れるから、どんな山でも無茶に突っ込んで行けるぜ〜〜」

なんて気持ちが大きくなってはしまわないか…という意味である。

 

ほんとにpushしてもいいか判断に困る状況でも無茶をしてしまわないか? 判断の閾値が変わらないか?

ということである。

 

先日の焼山山行中にはそのような心持ちは現れることはなかった。普通に怖い斜面では怖いと感じた。しかし判断を相談することができるグループ山行だったからだろう。

9日はソロで行動するつもりなのだが、ここで本当のところが試されるのかもしれない。

謙虚に、自分の実力をわきまえて、淡々と山行したい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です