→ShingolB←

LANの拡張(WDS)

職場で使っていた私物time capsuleを回収。

自宅に新たに作った(勝手に宣言した?)、ロフト内の自分の書斎(天井低いけど)。しかし、このロフトにLAN回線を引き回すのは困難。

ということで、もともと自宅で使用しているAirMac Expressにtime capsuleを拡張接続(WDS)して、time capsuleのLAN接続口をハブとして使用することに

接続にあたっては、少し躓いたものの15分ほどで終了。

ロフト内にサーバーubuntuを設置して起動。無線経由ながら十分に速い。

Nのスピード、光のスピード恐るべし。

これで有線でしか繋がらないdesktopを使うことができる。

満足!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です