→ShingolB←

五竜岳-唐松岳-不帰嶮-白馬鑓ヶ岳-杓子岳-白馬岳

とりあえず帰って来れた 不帰ではなかったぞと

距離も累積獲得標高もさほどではないのに疲労困憊…

荷物が重いのか、体が鈍っているのか、暑すぎるのか…

合計距離: 14110 m
最高点の標高: 2811 m
最低点の標高: 1641 m
累積標高(上り): 2416 m
累積標高(下り): -1439 m
平均ペース: 0.90 m/s
総所要時間: 05:47:14

栂池第2駐車場に駐車して前夜車中泊。

チャリで白馬大池駅まで下って5分。

小糸線で白馬大池駅から神城駅まで15分。

神城駅からテレキャビンまで歩き20分。大した登りではない。

ほぼ始発のテレキャビンで上がり、軽装トレランの兄ちゃん以外は抜いて五竜へ。

稜線を移動して唐松のテン場泊。約12時間まったりする。

合計距離: 24096 m
最高点の標高: 2932 m
最低点の標高: 1848 m
累積標高(上り): 2476 m
累積標高(下り): -3303 m
平均ペース: 0.91 m/s
総所要時間: 09:49:54

翌日は3時起床。

向かう不帰ノ嶮。

ご来光目当ての登山者尻目にスタートして不帰二峰南峰で朝日。

あれっ?と言う間に二峰北峰と一峰間の核心部分が終わって、辛い登り返しが終われば平原のような天狗の頭に。

天狗山荘の清涼な雪どけ水で癒やされた。

が、白馬三山のアップダウンでやられてしまった。こんなに上り下りするのね…

白馬山荘前でじっくり補給して復活。

白馬乗鞍周辺の岩場を飛びながら降り、

帰りは栂池のゴンドラで下山して車とチャリ回収。

あー疲れた。

写真はたくさん撮ったが整理できない。後日。

1 comment for “五竜岳-唐松岳-不帰嶮-白馬鑓ヶ岳-杓子岳-白馬岳

コメントを残す