→ShingolB←

骨のリモデリング、筋肉のリモデリング

リモデリング、もしくはターンオーバーという言葉。

体の組織が一旦壊されて、新たに作り直される作業のことを指す。

 

道路が傷んで穴が開いてきたら、一旦アスファルトを剥がして再び舗装を行う。

それと同じことだ。

 

骨のリモデリングはさる書籍によると、「成人の場合、約3年で全身の骨が入れ替わる」だそうだ。

この成人というのは20-30代と思った方が良いだろう。

加齢に伴いスピードは落ちる。

 

また、筋肉のリモデリングは、「半年で半分が入れ替わる」のだそうだ。

 

これを目安に考えれば、トレーニングの結果として新しい体を手に入れるには

 

骨で3年、筋肉で1年かかる。

 

(↑少し嘘が入っている、「半年で半分入れ替わる」=「1年で全部入れ替わる」ではないから)

 

山を始めて体の衰え・綻びに気づきトレーニングを開始した。

自分はもう20-30代の体ではないので、減量も含めて5年かかると思った。

来年でその5年となる。

新しい体を手に入れただろうか? 20-30代の体に戻ったろうか?

 

もちろんNOである。

確かに体重は20代の頃に戻った。しかし筋力は落ち柔軟性は落ち疲れやすく回復も遅い。

少し抗うことはできているに過ぎない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です