Skip to content

仮想orcaサーバー覚書

windows 7 proでoracle VM VirtualBoxをinstall

新規仮想ディスクを作成

ネットワークは実機と同一LAN内になるように設定する(実機のwindows 7上のクライアントからアクセスしたいから)

ubuntu 10.04LTSをinstall DaemonToolで仮想CDにisoファイルをマウントして、それをVirtualBoxからCDと認識させて起動

ubuntu起動

ソフトの更新

このページを参考にorcaをinstall

再起動後、ユーザーを確認する oruserを作成し、administratorとする 再起動してoruserでlogin

orcaのクライアントであるglclientのユーザー、パスワードを設定する ルートになって

日レセのセットアップ直後のデータベースに登録されているormasterユーザにパス
ワードを設定します。本ドキュメントではormasterのパスワードをormaster123として
以下のように設定しますが、セキュリティ上の観点から実際のパスワードには別のパス
ワードを設定してください。
日レセに他のユーザを追加したい場合も同様のコマンドで追加が可能です。

# gluseradd -file /etc/jma-receipt/passwd \
-p ormaster123 ormaster

glclientを起動する

800×600では表示ができない このページを参考に表示を拡大できるようにする そもそもorcaのデフォルトは1024×768での表示らしい

さらに上下のタブを「自動的に隠す」にしないと全部表示されない

orca自体をアップデート

orcaのマスターを更新

やっとソフトが立ち上がるまで あと患者情報の移行とopendolphinとの接続か、、、

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。