→ShingolB←

口三方岳

焼山下山後、翌日から地獄のようなハードワークだった。どうしてこんなに救急当番が1週間に集まってしまったのか…
そして夜勤では救急案件が増えるので、さらにばたばたと忙しくなってしまう。
昨日もAM仕事に引き続いて、昼から今朝までの泊まり当番。
これがまた来る人来る人重症で大変であった。
夜は寝かせてもらえたが…

さて、朝目覚めると予報どおり快晴。
行くしかない。

さっさと朝の仕事を終わらせて、8時30分ぴったりに職場を出発。
セイモアスキー場に9時30分に到着。
着替えて準備して口三方岳へ。

往復5時間くらいを想定していく。
林道で暑い。今日は下半身はハーフパンツスタートだったか…。失敗した。
滝汗で564mまで進み、少しずつ風も出てくる。

いい感じの疎林斜面。しかし手前の植林地は涼しくて一歩前に出れない…

が、日陰の植林地から日辺りのよい疎林に出る時に、いちいち躊躇してしまう。暑すぎです。
当然雪もシャバシャバ。ザラメ…ではない。シャバ重。
登り返しができないようにトラバースすると、シャバザラーっと雪が流れていく。お願いしますー。

左がピーク。メローな斜面があるが、シャバ雪(笑)。

汗→水分補給の繰り返しでピーク到着。
しばし写真撮影してまったりした。

ご本尊様

1200から上は少し雪が生きていたが、そもそも滑るような斜面がない。滑るとあっという間。

1148下の斜面は登りの時に見ていたらとてもよさそうなオープンバーンだった。良い雪なら滑って登り返して…と思っていたが、帰りに滑走してみるともうシャバ重。
まっすぐトレース通りに滑走した(笑)。

以後は適当にツリーランして564mあたりへ。

ここからは細尾根で滑走どころか横滑りも難しい。
しょうがないので左斜面がオープンだったのでそちらにトラバースして下に見えた植林地に入ると林道まで降りられた。少し雪は切れたが。

げざーん

楽しいハイキングになった。
そのまま着替えずに職場に戻って少し残務を片付けて帰宅。

合計距離: 11104 m
最高点の標高: 1265 m
最低点の標高: 290 m
累積標高(上り): 1231 m
累積標高(下り): -1232 m
平均ペース: 6.10 km/h
総所要時間: 04:04:19
Download file: activity_6346830863.gpx

コメントを残す